EF30でかもめを牽引

 久しぶりに簡単な座敷レイアウトを作ってEF30でかもめを牽引して走行させてみました。

 今回、購入したEF30
EF30
 電気機関車の機関区風
機関区
 電気機関車の一部を機関区風に並べてみました。EF30の歓迎式のつもりです。

 山陽本線はC62で牽引して、関門トンネルをEF30に機関車を交替して、九州に入ってからはDF50の重連で牽引する想定で動画を作成し見ました。
 
0

    KATO EF30(3073)を購入

     KATOのEF30(3073)を購入しました。ステンレス製の電気機関車は初めてできらきら輝く車両は珍しい。

     EF30(3073)
    EF30
    EF30
    EF30

     テスト走行
     
    0

      KATO EF66のメンテナンス

       以前に中古で購入したEF66のモーターが少し異常な音がするので、動力系をフルメンテナンスしてさらにモーターも新品に交換することにしました。

       動力系も更新
      動力系を更新

       メンテナンス後のEF66
      メンテンアンス後のEF66

       スロー走行テスト
       
      0

        KATO EF571を購入

         すでに、KATOのデッキタイプの旅客用電気機関車では、EF56と量産型EF57を所有していますが、EF571だけはEF56からの試作機なので他の量産型のEF57と違いがあります。

         KATO EF571(3069-1)
        KATO EF571(3069-1)
        EF571
        EF571

         EF571と量産型EF57との違い
        ・EF571はEF56同じようにパンタグラフが中心より
        ・EF571はEF56同じデッキの手すり
        ・EF571と量産型とは屋根の形状が違う

         FE56(左)、EF571(中央)、量産型EF57(右)


         屋根の比較、FE56(下)、EF571(中央)、量産型EF57(上)

         デッキと先輪の比較
        デッキと先輪
         EF571のデッキ部分はEF56で、EF571の先台車は量産型EF57の先台車となっています。私は、量産型EF57のパンタグラフが張り出している形より、EF571のように中心に寄っている方がスタイル的に好きです。たぶんそうしなかったのは技術的に問題があったので、2つのパンタグラフを離したのでしょう。
        0

          KATO EF15標準形を入手

           電気機関車で今では見られないデッキのあるKATOのEF57(3069)とEF15をすでに所有しているのですが、EF15最終形はあるのですがEF15標準形がないので追加して入手しました。走行テストしてみましたが、購入時期や走行状況が違うため、協調運転は無理でした。

           KATOのEF15標準形(3062-1)
          EF15標準形

           EF15最終形
          EF15最終形
           EF15標準形(寒冷地タイプ)
          EF15標準形
           EF15最終形(上)と標準形(下)の屋根
          EF15の屋根
           EF15標準形(左)と最終形(右)の正面
          EF15の正面
           最終形と標準形を比較してみると微妙なところに違いがあり、パンタグラフ、製造メーカーマーク、ナンバープレートの仕様、運転席の窓枠などあり、さらに、寒冷地タイプにしてスノーブロウを付けたので違いが目立つようになりました。最終形ではカプラーが前に出すぎでしたが、スノーブロウでバランスよくなり標準形(寒冷地タイプ)の方がいいですね。やっぱり顔の雰囲気が違いますね。

           最終形(左)と標準形(右)の先輪
          スポーク車輪に交換
           EF15標準形も先輪を抜けているスポーク車輪に交換しましたが、スノーブロウで見えにくくなりました。

           機関区での2両のEF15
          機関区のEF15
           デッキ付き電気機関車が4両に(2種類のEF15、EF56、EF57)
          EF15,EF56、EF57
           これで電気機関車を集めるのを打ち止めにしたい。

          0

            KATO EF56を入手

             電気機関車で今では見られないデッキのあるKATOのEF57(3069)とEF15をすでに所有しているのですが、このEF57のパンダグラフが運転席上からせり出している独特の形をしています。この特徴が好きな人もいますが、パンタグラフが中央よりの方が好きなので、試作機のEF571かEF56を探していたところEF56(3070-1)を見つけてやっと入手しました。

             EF56一次形(3070-1)
            EF56一次形
             入手してみるとEF57は如何にも量産機と言う形でEF15に似ていて見慣れた前面をしています。それに引き換えEF56は全体的に丸みがあり、少し小ぶりになっています。その特徴が可愛いくていいですね。入手したのはEF56ですが、EF57と比較しながら紹介します。

             EF56一次形
            EF56一次形
            EF56一次形
            EF56一次形
             EF56の先台車の車輪を抜けているスポーク車輪に4軸とも交換しています。そのことで、デッキの手すりと共にさらに精密感が増しています。

             EF56の先台車の抜けているスポーク車輪に交換
            EF56の先台車

             EF57
            EF57
            EF57
            EF57
             EF57の先台車の車輪はオリジナルのままです。先台車がEF58と同じタイプのため交換しても隠れてしまいほとんど見えないので交換のメリットがなく元に戻しました。

             EF56(写真の下)とEF57(写真の上)の屋根上の比較
            EF56とEF57の屋根上の比較
             EF57はあまりにも味気ない装備ですが、EF56は他の機種には見られないものが満載である。よく見ると丸い形は何だろう思うものがあります。また、車両の長さはほとんど同じのようです。

             機関区内でのEF56とEF57
            EF56とEF57
            EF56とEF57
             似ている機関車ですが、正面からのイメージは随分と違います。運行の実態とは違うかもしれませんが、私のイメージでは、EF57は東海道本線でEF56は中央本線という感じです。商品番号が近いこともあり、動力構造はほとんど同じようなので、重連の協調運転(ほとんど同じ走行をします)は可能なよう試してみましたが、勿体ないので予定していません。私はこのEF56に中央本線普通列車を牽引させようと思います。

             EF56の走行テスト

            0

              KATO ED75の3重連が実現

               D75の1両の屋根上の部品が損傷したので、追加で安価なED75を入手できました。これで重連が復活できたので、損傷したED75は小さくても力持ちなのでレールメンテナンス専用にするつもりです。と言いながら損傷した部品を接着剤で補修したら、どうにか見られる状態なったので3重連にしてみました。

               3重連のED75(一般形)
              3重連のED75
               因みに、損傷してしまったED75は1両目ですが、損傷してしまったのは2回目で、これ以外の車両ではあまりないのですが、使い方が荒いのか?

               3重連のテスト走行
              0

                KATO ED79を入手

                 新幹線の青函トンネルの利用で廃止になったカシオペアや北斗星を牽引していた機関車はどうなるのだろうか。そんなことで、鉄道模型の世界では保存しておきたいので、まだ揃っていなかったELで入手できるうちにED79の導入を決めました。

                 オークションで購入したKATO ED79(3031)
                KATO ED79

                 カシオペアや北斗星を牽引していた各機関車
                牽引した各機関車
                0

                  不調な機関車をメンテナンスで復活させる

                   モーターが故障したり、調子がおかしくなって、トレーラ化していた機関車や走行できなかった機関車の復活を行ないました。
                   まず、走行音が異常なのでモーターの分解や掃除などのメンテナンスを行いDF200が復活しました。続いて、発進できたり出来なかったりしていたEF66はモーターの1極が断線しているようなので、モーターを交換して復活しました。最後に、モーターの故障で取り外してトレーラー化させていたEF65 1000に新品のモーターを装着して復活させました。3台とも走行音は正常な範囲に収まり、メンテナンスの効果でスロー走行も出来るようになりました。

                   新品の動力ユニットからモーターを取り出し交換
                   動力ユニット

                   EF65 1000は重連で使用していましたが、やはりトレーラー化した車両が上り坂では重荷になってしまう問題が発生してしました。さらにメンテナンスを徹底的に行い、協調運転できるレベルまで走行速度を合わせました。1台が復活したことで本来の重連ができてパワーを取り戻し上り坂を力強く上れるようになりました。

                   復活した機関車(DLとEL)
                  復活した機関車
                   EF65 1000のテスト走行
                  0

                    EF81JR東日本色とED75一般形を増強

                     中古品でKATOのEF81JR東日本色(3021-6)とED75一般形(3028)を増強しました。偶々、オークションで安かったので購入しました。EF81とED75とも種類は多少違いますが、4両目となりました。このボディーの色では、一番ポピュラーな電気機関車だと思います。

                     EF81JR東日本色(3021-6
                    EF81
                     これでEF81の種類が増えました。

                     ED75一般形(3028)
                    ED75
                     ED75の1両は一応走行しますがジャンク品で実家に出張中です。残りの2両は一般形と耐寒形の2種類です。そこで、一般形2両での重連を想定して増強しました。
                     EF510をJR東日本からJR貨物に移管されると、不定期運行のカシオペアは交流区間があるところではこのような電気機関車が牽引するようになるのでしょうか。

                    ED75とEF81の機関区
                    機関区
                    0

                      | 1/3PAGES | >>

                      カレンダ

                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>