KATOの電動ターンテーブルの操作室を改造

 KATO製の電動ターンテーブル(20-283)の操作室(紛らわしいので運転台から変更)には、小型のモーターが入っているので窓が開いていないのがずーと気にいらなかった。ワールド工芸のグレードアップキットの再販売を期待したのですが、無理なようなので操作室を改造することにしました。
 窓枠の細い桟があり型崩れを防ぐために、初めにくり抜くところをカッターナイフで切り込みを入れておいてから、くり抜く部分をピンバイスで0.5mmと1mmの穴を慎重に空けていきました。何とかミスせず桟もきれいに残っており加工は成功です。

 穴あけした操作室
穴あけした操作室

 加工した操作室をターンテーブルに取付け
穴あけした操作室
 内部のモーターが見えても窓が開いている方がリアル感がましますね。窓にガラスを入れようと薄い透明なシートを入れましたが、きつくなり入らなくなったので一旦は諦めて窓は開いたままにしました。いろいろなターンテーブルの写真を見るとオリジナルの操作室の色はないようなので塗装してみることにしました。

 グレーに塗装した操作室(錆びがあるように敢えてムラに)
穴あけした運転台
 やはり色を変えた方がワンポイントのアクセントがきいていいですね。塗装が少し荒れているようですが、錆びがあるように敢えてムラにした方がローカル線のリアル感が増したように思い、これで一応満足です。

 操作室を改造したターンテーブル
操作室の改造
操作室の改造
操作室の改造

 操作室を改造したターンテーブルと新C11
 

 操作室を改造したターンテーブルとC59(長いSL)
 

【追加】
 窓にガラスを入れることについて一旦は諦めましたが、実家の整理をしていて手ごろで薄い透明なシートが見つかったので、製作してみました。少しきつくなりましたが。うまく収まったので成功です。大満足です。
0

    コメント
    コメントする








       

    カレンダ

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>