マイクロエースの7100形義経号(A0290)を入手

 マイクロエースの7100形義経号(A0290)の中古品をやっとオークションで落札できました。マイクロエースの7100形義経号 客車4両 木箱セット(A-0297)は高くて見送っていましたが、これの模型だけ走行させずにケースに入れて飾る予定です。走行させても他の車両などとのバランスが取れませんからね。

 マイクロエースの7100形義経号(A0290)
7100形義経号
 昔のモデルなので荒を探せば細かいところに精密感に問題はあるもののNゲージでは十分です。特にテンダーはリベット表現や印刷はできている。カプらーだけはいただけないので、カプラーポケットの関係でKATOの車間短縮ナックルカプラーに交換しました。

7100形義経号
 これでも十分飾れるSL
7100形義経号
 早々に、100円ショップでケースを購入しなければ。

 C12と義経号の比較
C12と義経号の比較
 小さいこと(でも1/130)。ACEでもこんな小さいモーターを搭載できるんですね。牽引力はなく車両はMAX3両(客車は4両以上連結しないこと)までだそうです。

 義経号の動画
 

 弁慶号の雄姿
弁慶号の雄姿
※出典は、昨年10月14日(鉄道の日)に開催された「いわみざわ駅まる。」幌内鉄道130周年記念パネル展です。

 大宮の鉄道博物館(JR東日本)では弁慶号で、梅小路の交通博物館(JR西日本)は義経号、小樽の交通記念館にはしずか号が展示されています。インターネット上にあった写真を参考までに拝借しましたが、復元工場が同じなのかほとんど同じですね。同じ形式のSLを8両を輸入したうちの最初の3両に特別な名称が付けられたという。

 大宮の鉄道博物館の弁慶号
鉄道博物館の弁慶号
 梅小路にある京都鉄道博物館の義経号
鉄道博物館の義経号
 小樽交通記念館のしずか号
交通博物館の弁慶号

 弁慶号機関車の細部
弁慶号
弁慶号
弁慶号
弁慶号
弁慶号
弁慶号

 100円ショップのケースにちょっと細工
ケース

 ケースにS186を置いて「義経号」を格納
ケースに格納
0

    コメント
    コメントする








       

    カレンダ

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>