カーブ鉄橋のための緩和傾斜カーブ

 KATOのカーブ鉄橋セットの簡単なレイアウトでテストしましたが、鉄橋手前に挿入しているR348-30のカーブ線路のところで床下が引っ掛かることがありました。R348-30なので中途半端な長さになり、既存の橋脚ではどうしても傾斜が急になっているようなので、緩和傾斜になるようにダンボールと木で仮に築堤を作ることにしました。

 仮に製作中の築堤
製作中の堤築

 緩和傾斜になっていることを確認中
緩和傾斜の確認
 まだ見栄えは良くないですが、これで簡単なレイアウトでの走行がスムーズになると思います。

 緩和傾斜がうまく出来ているかの確認

 簡単なレイアウトを組んでみてR348-30のカーブで緩和傾斜がうまく出来ているかを確認しました。まだ、修正があるかもしれないので築堤未完成ですが、うまくいっているか列車を走らせてテストしてみました。

 列車を走らせての確認
 
 問題なさそうです。あとは両側を塞いで緑色のフェルトを貼って完成です。

 一応完成!
0

    コメント
    コメントする








       

    カレンダ

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>