TOMIX用室内灯をLEDテープで自作

 今まで保有している車両が主にKATO製の車両だったので、その室内灯には安価なLEDテープとりん青板を切り出した部品を自作して使っていました。今回、TOMIX製の真岡鉄道の50系客車を購入したので、試しに室内灯を設けてみることにしました。自作する場合にもっと問題となるのが上下の接続で、3両だけと言うことで純正品と同じようにコイルバネにすることにしました。

 LEDテープの加工
LEDテープの加工
 ブリッジDiのリード(足)を利用したいので、いつもと違い裏返してLEDテープに半田付けします。極性を間違えないようにブリッジDiとLEDテープの+−を確認して半田付けします。従って、LEDテープの向きも逆になっています。今回の加工はこれだけで簡単です。

 購入したコイルバネ
購入したバネ
 一応、接触抵抗が良いというコイルバネを購入しました。

 コイルバネと端子を半田付け
バネと端子を半田付け
 コイルバネをブリッジDiのリードに指して車両に組み込むだけですが、コイルバネは組立てが難しくコイルバネを半田付けした方が車両の組み立てが簡単になります。

 設置完了した車両
設置完了下」車両

 テスト走行
 
 コイルバネは扱いにくく曲がると修正も厄介です。コイルバネを使うと構造が複雑になり、その割りには効果があまりなく接触不良が多いようである。テスト走行でKATOの車両よりもちらつくが多く見られました。ちらつきはTOMIX特有の台車の構造から来ているようでコイルバネが原因の1つで、次に物理的に異種の金属が接触する場合には電位差が生じることが原因です。KATOの製品は構造をシンプルにして同一のりん青銅を使っており、よく考えられています。まあ今回限りなので良しとしましょう。
0

    ローカルホームセットのジャンク品を入手

     ヤフオクでKATOのローカルホームセットのジャンク品を1/3以下の価格で入手しました。ジャンク品ということで、理由として欠品があるかの確認ができていなく、タバコ臭も若干あるためとあった。ジャンク品は駄目もとで購入する必要がありますが、すでにローカルホームを1セット保有しているので、欠品があっても何とかなると思い購入しました。これをローカルホームの増強に使用します。

     KATOのローカルホーム
    ローカルホーム

     入手後に確認してみるとタバコ臭もあまりひどくなく、中身のビニール袋は開封されておらず、古臭さはありましたが部品が揃っていればプラスチックなので全く問題ありません。そこで、欠品のチェックしながら組立てましたが、結局、欠品はなかったのでかなり得をしました。

     組立てた部品
    組立てた部品

     未使用の部品
    未使用の部品

     組立てた部品を配置してローカルホーム
    部品を配置
     ローカル線おの無人駅のような雰囲気です。

     ちょっとレイアウトを装飾してみました。
    レイアウト
    0

      TNカプラーとKATOカプラーを連結

       TOMIXのC11にKATOカプラーが装着できないので、真岡鉄道の50系客車も影響を受けてカプラーをどうするかの検討をしてました。

       そこで、『鉄ッチャオ!』で『TNカプラーとカトーカプラーを連結しよう!』という連結できる方法を公開していたので、試しにKATOカプラーの横に1mm(0.5mmで下穴)の穴をあけて改造してみました。早い話がTNカプラーの出っ張り部分がはまるように穴を開けることでしっかりと連結できるようになる。

       試しにやってみました。
      KATOカプラー改造
       TNカプラーとKATOカプラーが連結した状態(がっちりと連結)


      まず、TOMIXの真岡鉄道50系客車(赤帯)セットのカプラーは次のようにしました。
      ・オハフ50−11のテールライト側はTNカプラーで、反対側はKATOの車間短縮カプラー
      ・オハ50−22は両方ともKATOの車間短縮カプラー
      ・オハ50−33のテールライト側はKATOのマグネティックカプラーで、反対側はKATOの車間短縮カプラー

       マグネティックカプラーとTNカプラー連結
      マグネティックカプラーとTNカプラー連結

      次に、マイクロエースの真岡鉄道50系客車(白帯)セットのカプラーは基本KATOカプラーですが、TNカプラーと連結できるように改造したKATOカプラーにしました。
      ・オハフ50−11は改造したKATOカプラー
      ・オハ50−22は両方ともKATOカプラー
      ・オハ50−33は改造したKATOカプラー

       KATOカプラーとTNカプラーと連結
      KATOカプラーとTNカプラーと連結

      これで、KATOのC11でもTOMIXのC11でも、真岡鉄道の50系客車(赤帯)と真岡鉄道50系客車(白帯)の両方とも牽引できるようになりました。これですっきりした。
      0

        マイクロエースのE10−2(A7701)の改造2

         前回の改造では煙突側の連結用に付属していたアーノルドカプラーを機能優先で試しに改造しましたが、あまりにも外観上見っともないものになりました。そこで、今回はその対策として色々と試行錯誤してみました。ダミーカプラーを差し替える方法では各社いろいろと車間短縮カプラーやGMナックルカプラーを試しましたが、予想通りカプラーの高さが合わず連結できませんでした。

         E10のボディーを加工しないで元に戻せるようにしておきたいので、検討した結果、KATOのD51の先台車ごと交換してしまう方法です。D51の先台車をTポイントで購入(送料込みでコスト0)しました。そのため、日数がちょっとかかりました。

         購入したKATOのD51(2016シリーズ)の先台車
        購入したD51先台車
         重連用カプラーが取り付けられなければならないので、2016シリーズのD15の先台車である必要があります。

         重連用カプラーを取り付けて先台車を交換
        先台車の交換

         先台車を交換したE10-2
        重連用カプラー
        交換したE10-2
         交換したE10-2で重連用カプラーが偶然にも最適な位置に来たため、ダイキャストのバネの位置からずれてしまいましたが、D51用先台車の穴の位置も変更せずにそのままで使用できました。また、D51用先台車のバネがなく先輪が脱線するのではと懸念してましたが、今のところR282を問題なく走行できます。

         全体の外観では全く違和感がないE10-2
        改造したE10-2

         煙突側で連結した状態
        煙突側で連結した状態
         KATOの純正カプラー同士ですから当然しっかり連結できて外観上も問題なしです。それでは走行テストです。

         走行テスト(カーブでの脱輪なし)
         
         ポイントでの走行テスト(脱線なし)
          
        0

          KATOのキハ91系急行「きそ」8両セットを購入

           KATOのキハ91系急行「きそ」8両セットを購入しました。車両編成のことをあまり気にせず購入したので、購入したからわかったことも多く特殊な列車だったことがわかりました。

           キハ91系急行「きそ」8両セット
          キハ91系急行「きそ」8両セット

           自作の室内灯を装着したキハ91系の8両
          キハ91
          キハ91
          キハ91
           デイゼルカーは幹線の特急ディーゼルカーを除いて、ローカル線でどのような編成でも運行できるようにこのような運転室付の車両を連結して運行していたように思います。それにしてもこれだけ連結していると壮観である。

           キハ91−6の前部(ライト点灯)
          キハ91  
           キハ91−6とー4以外はライト点灯しません。模型車両の製造では同じ金型を使いっていますから、どの同じ車両もライトとライトスイッチを組み込むこともできます(ライトレンズは入っています)。

           しかし、2両目だけドアの扉の色が違う車両があり、前部も違うキハ91−9の1両です。
          キハ91−9
           少し垂れ目ぽくやさしい顔をしています。同封の説明書では最初の試作車両で後に改造して正式に編成に加えたそうです。編成の中なので、ドアの色が違わないとなかなか気づかないと思います。

           購入した車両は新品なのでスロー走行に問題はないのですが、モーター音がディーゼルカー並みにうるさいような気がします。ディーゼルカーなのでいいか。

           座敷レイアウトのローカル駅に特急ディーゼルカーキハ81系、キハ82系、キハ181系と急行ディーゼルカーキハ91が集合
          特急/急行ディーゼルカー集合
           
           レイアウト上、設置のホームはMAX7両で退避できるようにしかしないので8両キットではありますが、同一路線上に2編成走行させる場合にはキハ91−9を編成から除くようにします。
          0

            TOMIXの真岡鉄道のC11と50系客車

             迷っていましたが、結局、予約してTOMIXの真岡鉄道のC11−325(2643)と50系客車(赤帯)セット(98213)を購入しました。購入前から問題だったのはカプラーで、KATOの機関車や客車とどう接続できるようにするかです。駄目だったときは真岡鉄道の専用編成にすることで諦めるつもりです。

             真岡鉄道のC11−325(2643)
            C11−325(2643)
             TOMIXのC57シリーズ以外ではHGシリーズとしては初の小型SLです。

             真岡鉄道の50系客車(赤帯)セット(98213)
            50系客車(赤帯)セット(98213)
             TOMIXの車両の台車は懲りすぎてカプラー交換するだけなのに集電板が外れてバネが飛んでいったりと、KATO製品になれている者にとっては組立てにくいです。もっとKATOのようにシンプルにすべきでしょう。

             TOMIXのC11
            TOMIXのC11
            TOMIXのC11
            TOMIXのC11
            TOMIXのC11
             さすがHG(ハイグレード)商品なので細かいところまでよく再現しています。でも相変わらず付属部品が小さくて付けにくく信号炎管は付けるのを諦めました。なお、キャブ下のステップが曲がりやすいので注意が必要です。少しぐらいであれば、直すことが出来ます。

             TOMIXのC11を比較したいのですが、KATOのC11がまだ入手できないのでC12と比較してみました。TOMIXのC11の方が動作音が大きくあまりいい音ではありませんし、フライホイール付モーターですがスロー走行は劣っており、車両を連結すると時たま接触不良によりギクシャクする走行も見られます。この現象は他の車両では発生しないので、線路ではなくTOMIXのC11の先台車と従台車の構造が起因しているようです。TOMIXのC11も前後ともTNカプラーを付けられるようになっており、バックでの牽引走行や重連も可能ですが、同じ車番で重連はないでしょう(説明書では重連用と表現)。なお、TNカプラーにしかならないので、KATOナックルカプラーの車両とは連結でききません。KATOのC11の部品(先台車と従台車)と置き換えができれば、簡単でいいのですが(多分、無理)。
             
             TOMIXの製品はSL以外では初めて車両セットを購入しました。今までTOMIX製品は車両間隔が広すぎて好きになれませんでした。最新の50系客車(赤帯)セット(98213)で改善しているかと思いましたが、やっぱり車両間隔が広がっており変わっておらずこの広さには違和感さえあります。

             <0374>密自連形TNカプラーは6個入りセットですが、使用できるのはダミーカプラーの付いている1両のみで、他の車両は台車を加工しないと利用できませんでした。KATOのように全車両交換できると思ったのですが、残り5個が無駄になりました。すべての車両に密自連形TNカプラーをつけておくか加工なしで付けられるようにすべきでしょう。取りあえずKATOナックルカプラーを装着しましたが、車両間隔は直らず気に入らないですね。

             広すぎる車両間隔
            車両間隔
            ナックルカプラーを装着しましたが、どうせ固定編成なので前後以外は車間短縮カプラーに変更しようかと思います。

             TOMIXの真岡鉄道編成のテスト走行
             
             テスト走行では接触不良などの不具合はありませんでした。先台車と従台車からの集電機構がうまく働いているようです。それだけにモーターがちょっと残念です。

            【追加】
             車間短縮カプラーに交換
            車間短縮カプラーに交換
             車間短縮カプラー(28-187)に交換して、やっとバランスよくなり見栄えがよくなりました。

            【追加】
             KATOのC11は4/13の発売という情報があり、TOMIXのC11の出来があまりよくなったので、KATOのC11が楽しみである(C12が十分な性能があったので期待)。

            【追加】2017/4/26
             結局、カーブでギクシャクして動いたり、停止してしまうようになってしまい修理に出すことにしました。1ヶ月も経たないうちに修理に出すのは初めてで、いくら細部まで表現できても走行性能が悪くては完成度は低いとしかいいようがない。(従って、おすすめ商品からは削除しました)
            0

              マイクロエースのE10−2(A7701)の改造

               このE10はマイクロエースが2001年8月に発売したかなり古いモデルのE10−2(A7701)です。E10は国鉄の5動軸のタンク型の蒸気機関車で1948年に登場して、トンネルも多い峠越えを想定していたので、前位は普通の蒸機が煙突側に対して逆の石炭庫側になっています。そのため運転席の左右が逆になっており、実物は青梅鉄道公園に保存されるので、見ることが出来ます。

               E10−2の分解1
              E102分解

               E10−2の分解2(写真では重りの向きが逆:注意)
              E102分解

               マイクロエースのE10-2は定位運行が出来るようにするために改造がどうしても必要なのです。メーカーが用意してあるのは煙突側のアーノルドカプラーのみです。今回の改造は、石炭庫側のライトを点灯できる改造すると共に進行方向のみ点灯するようにします。さらに、煙突側のカプラーを改造しますが、外観重視だと走行中に開放してしまうことが多いので、とりあえずアーノルドカプラーをKATOナックルカプラーに変更しました。

               煙突側のライトのLED化
              煙突側ライトLED化

               石炭庫側のライトの加工
              ライト穴あけ
              LEDライト基板
              石炭庫側のライトの加工
               穴あけは慎重にドリルを手回しで行い、中心が狂わないようにします。レンズ枠が残る程度の1.8φであけました(汗)。下記のレンズをはめ込み裏から接着剤で固定しました。

              ライトレンズ

               取り急ぎ購入したライトレンズです。

              Z08−8103のクモハ165ヘッドライトレンズを流用しました。


               石炭庫側のライトのLED化
              石炭庫突側ライトLED化
                ダイキャストのタンク部分を少しヤスリで電気接触するようにして、りん青銅版の小片(少し曲げてバネにします)を引っ掛けて細い単線リードでLEDの基板に接続しました。写真では赤色の線を使っていますが、誤配線をしないように赤と黒に分けていたためまで、できれば黒色に統一しておけば見えても配管のようで目立ちませんでした。ちょっと反省です。

               モーターと接触するとLEDが切れてしまうので絶縁テープで防ぎテスト走行で点灯確認します。
              点灯テスト
               煙突側は光は漏れませんが、石炭庫側は車体の下がまるっきり空いているので光がじゃじゃ漏れで遮光する必要があります。構造を弄るのが嫌なので、遮光性があり柔らかい黒いビニールを大きめにカットして差し込むようにセットしました。簡単で完璧にできました。ライトは効率のよいウォームホワイトLEDなので眩しいぐらい明るい。

               机上テスト走行(追加)
                
               分解したのでメンテナンスも実施して、机上にて前後方向でテスト走行をしてみるとかなりスムーズに走行するようになりました。またLEDのちらつきもなく電気的な接触も良好のようです。

               ここで作業は一休み。 就寝

               次は煙突側のカプラーをどうするかを検討して、とりあえず、外観重視はそのうちということで、確実に定位で牽引できるようにカプラーを改造することにしました。

               付属品のアーノルドカプラー
              付属品のアーノルドカプラー

               ピンを抜いて分解してからKATOナックルカプラーを取り付ける
              改造したカプラー

               客車と連結した状態。Good。
              連結した状態

               テスト走行
               
               走行はそれなりに快調ですが、やっぱりカプラーを改良しないと駄目そうです。再度、検討してみます。

               後日、カプラー改善をしました。マイクロエースのE10−2(A7701)の改造2を参照ください。
              0

                マイクロエースのE10−2(A7701)を入手

                 マイクロエースの蒸気機関車は2台目としてE10−2を中古で購入しました。本当はブログをはじめる前にD51 498を購入したのですが、すぐにKATOのD51 498に変更して手放してしまいました。また、マイクロエースからは動力を改良したE10が発売予定になっていますが、いつまで待っても発売されませんので、痺れを切らして古いE10を中古で購入してしまいました。その分、いろいろと手を入れなければならないと思います。まあ、それも楽しいものです。

                 購入したE10−2(A7701)
                E10−2(A7701)
                E10−2(A7701)
                 貨車は使用しないので、複雑なカプラー(?)は変更せずそのままにしておくことにしました。古いモデルのためしょうがないですが、動輪の遊びが上下左右共に全くなく、さらにフランジレスの動輪は本物と違うのはどうしてなのか?意味がわかりません。

                 早速、プチ改良ですが、カプラーをマグネティックナックルカプラーに変更し、先輪(?)をKATO製のC62用の先輪だったプレート輪心に交換しました。ちょっとリアルさが増したような。
                E10-2
                E10-2
                E10-2
                E10-2
                 今後、改良した3項目
                1.ライト
                 マイクロエースでの開発ではE10を理解していないようで、通常はキャブ側が正式な前側で煙突側は後側で運用されてように設計されていてはずです。しかし。ライトが点灯するのは煙突側でキャブ側は粗末なライトの形があるだけでレンズも入っていません。煙突側のライトは進行方向に関係なく点灯し、キャブ側は全く点灯しません。いずれこのライトをLED化と共に改造する予定です。
                2.カプラー
                 ライトの改良がうまくいったら、煙突側のダミーカプラーを何とか連結できるカプラーに変更したい。
                3.モーター
                 走行は一応しますが、やはり、スロー走行では少しギクシャクして最近のコアレスモーターの滑らかさと比べるとあまりよい走行とはいえません。コアレスモーターに変更したいがハードルはかなり高そうである。モーターはTOMIXのモーターにでも変更できればと考えています。

                 
                 
                0

                  追加入手した客車3両に室内灯を組み込む

                   スハニ35、オハ35、オハフ33の客車3両とスユ44をオークションで安く落札でき、追加で入手できました。旧客車でも旧モデルでなく新モデルであれば、室内灯を自作で即日で組み込むことが出来るようになりました。組込み方の標準化もできて、りん青銅板から標準化した寸法で集電板と端子を切り出し、ブリッジダイオードと端子を半田付けし、集電板を車両に差し込んでセットして完成でもう熟練しました。

                   室内灯を組み込んだ車両
                  室内灯を組み込んだ車両
                  室内灯を組み込んだ車両
                  室内灯を組み込んだ車両
                   3両の客車はC11、C12、E10などのタンク型SLの小編成用に使用する予定です。この他に貨車を混ぜて混成列車というのも運行されていたので、客車1両に貨車を5両以内程度で短い編成でした。

                   私の自作したパワーパックではPWM方式なので方形波の波高をリュームで調整できるようにしてあるので、このボリュームを調整することでLEDの明るさを変えることができます。

                   明るさを絞った状態でのテスト走行
                   
                   明るさを中間レベル状態にしてテスト走行
                   


                  0

                    キハ82系車両に室内灯を設置

                     クリアホワイトのLEDテープがやっと届きました。今まで旧客車が多かったので、電球色のLEDテープを使用していましたが、流石に、ディゼルカーには合わないので240円という安価なクリアホワイトのLEDテープを購入しました。

                     購入した安価なLEDテープ(クリアホワイト(Made in China)
                    購入したLEDテープ

                     製作中のLEDテープの室内灯
                    製作中の室内灯

                     完成したキハ82系の室内灯点灯
                     
                     各車両のイスのが違うため、照明は同じでもカラフルに色が違うように見えます。キハ81系は旧構造なので、車両を固定するツメが弱く分解するときに折ってしまいそうなので室内灯は諦めました。
                    0

                      << | 2/32PAGES | >>

                      カレンダ

                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>