KATOのE001形TRAIN SUITE「四季島」の整備と試運転

 KATOのE001形TRAIN SUIT「四季島」に室内灯を取り付け作業では、車輌の床下がのっぺりしているので、手際よく分解できずなかなかうまくいきませんでした。そのため、先頭車や動力車がバラバラになったり、カプラーが分解してしまったりと散々でした。最近の台車もすぐに外れるので床下を外す手ががりが無く苦労します。

 使用した室内灯(11-213/11-214)
使用した室内灯
 室内灯
取り付け
 取り付け完了
先頭車
 あれ、ヘッド/テールライトが点灯していない?分解してしまった時にDCC部分の集電部品がずれてしまったため、点灯しなくなっていました。正規の位置にセットして直りました。室内灯の集電板が接触不良していたので、少し曲げて挿入しました。

 なんとか室内灯の設置を終えて整備工場で出番を待つ「四季島」
整備工場の四季島

 机上にて試運転
 

 試運転するレイアウト
試運転するレイアウト
 使用する自作パワーパック(複線用)
使用する自作パワーパック

 座敷レイアウトで試運転
 
 

 
 

 レンタルレイアウトを借りて動画を撮っている方がいますが、複線を逆そうしている列車を動画にアップしているのを見かけます。日ごろから交通ルールを無視しているから気がつかないのでしょうか。何か違和感がありどんなに立派な動画でもそのようなルール無視をアピールしている動画は見る価値が無いように思います。
0

    我が家にもKATOの「四季島」がやってきた

     昨日、予約していたKATOの E001形 TRAIN SUITE 四季島 10両セット(10-1447)が届きました。やはり、Nゲージは新型車両の発売は早いですね。どこかのメーカーのように発売予定から1年経っても発売されないこととは大きく違い、今回は全く新規に設計して開発してのにもかかわらず発売日が予定よりも早くなったのには驚きで、開発陣の力の入れようが伝わります。受入検査では特に問題は無くお疲れ様でしたと言いたい。

     KATOの「四季島」のパッケージ(AセットとBセットが入っている)
    KATOの「四季島」
     Aセット
    KATOの「四季島」
     Bセット
    KATOの「四季島」

     小冊子はあっさりしている
    小冊子
     凝ったデザイン
    凝ったデザイン
     車輌ケースは「四季島」専用になっており、箱の内側までも印刷されている懲りようである。

     特長ある先頭車
    「四季島」の先頭車
    「四季島」の先頭車

     寝台車輌の内部 
    寝台車輌の内部 
     個室中心の寝台列車という車輌の構造上、止むを得ないのですが、自作のテープLEDが使えません。個室の無い車輌も統一するために全車両にKATOの純正品である室内灯を取り付けることにしました。KATOの{四季島」の車輌にはすでに照明用導光レンズが内蔵されているので、推奨のLED室内灯 クリア(電球色)(11-214、11-213)を追加発注して集電板とLEDを搭載すれば良いだけになっている。ここまでするのであれば、室内照明も内蔵してほしかった。なお、食堂車とラウンジカーの室内一部にLED照明があるものがあります。

     一部照明がある車輌
    「四季島」

     精密感のある屋根にも注目
    屋根にも注目
    屋根にも注目
     青函トンネルも走るので交流/直流だけでなく、新幹線用の電圧にも対応するようになっているので複雑ですね。これ以外にディーゼル発電での走行も対応しているのでからすごいですね。日本全国どこでも走行できる初めて列車といえるでしょう。

     エアコンが1つないのか注目?
    エアコンは?
     理由は分かりませんが、実物もありませんでした。

     今まで電車は購入してきませんでしたが、ローカル線まで入り込んでくる豪華列車の誕生で、SLとならんでもおかしくないとKATOの「四季島」を購入しました。ローカル景色やSLと並んでも不自然でもないと思います。そんなことを妄想してテスト走行は室内灯を取り付けてから行ないます。ご期待ください。
    0

      ばんえつ物語の変り種編成の走行

       ばんえつ物語の変り種編成で、先頭車が12系客車に最後尾がオコジョのスロフ展望車の編成になっています。

       

       音声編集した動画
       
      0

        TOMIXのC57用ケースを自作

         TOMIXのケースはユーザを無視した使いにくいケースのため入換えたいのですが、C57にぴったり合った車両ケースを入手することは不可能なので、自作することにしました。

         TOMIXの単体の車両ケースもまた不必要に大きいので、余っているKATOの車両ケースに収めることにした。スポンジはKATOの6両+機関車収納用のスポンジの機関車部分を抜いたスポンジを利用しました。

         6両収納用のスポンジの機関車部分を利用

         KATOの車両ケースのサイズに調整

         格納するSL(C57180)の型取り

         型取りに沿ってカッターナイフでカット(スチロールカッターでやりたかったが自信なく安全策で行ないました)

         下に敷くスポンジが無いのでフェルトを敷く

         TOMIXのC57180を格納

         ラベル印刷して完成

         あとはプチプチシートをケースサイズに切って、上に載せられるようにして完了です.

         これでドローバーを外すことなく出し入れできるようになりました。メーかーは満足度調査でもして、もう少しユーザーの使いやすさの追求をしてほしいものです。

         プチプチシートとは、気泡緩衝材というらしいです。商標としては製造メーカーによって「エアキャップ」「プチプチ」「ミナパック」「エアパッキン」「エアクッション」「エアマット」「キャプロン」「エアーバック」等の商標が、一般名称のように使われているとのこと。
        0

          ばんえつ物語セットのC57のモーター交換

          TOMIXのJR SLばんえつ物語 (オコジョ展望車) セット(98933)のSLの試運転をしてみたらモーター音が大きくうなるような音で発進します。セットは中古品でしたが、SLは見た目未使用ようですが、はじめからこの様な品質なのは出荷検査していないようです。C11といい最近、TOMIXのSLの品質が悪いようです。

           そこで、中古品で購入したため文句を言ってしょうがないので、無駄な出費ですが、予備で購入しておいたモーターとの交換をすることにしました。

           C57の分解は別のサイトで丁寧に紹介されていたので参考にして分解しました。
          C57分解
           キャブ下を持って上に持ち上げるように外します、次に、煙室前部を前に引き抜きます。煙室の下部を開くようにするとボイラー部の上部と駆動系の下部がはずれます。

           予備モーターとの交換
          C57モーター交換
           試運転でモーター音を確認して、、かなり小さくなったことを確認できました。交換したモーターは調整して動作に問題は無く予備にしておきます。

           従台車の車輪をKATOの抜けているスポーク車輪に交換
          従台車の車輪
          写真でもほとんど分かりませんが、自己満足の領域です。
          0

            室内灯の部材補充

             セットの室内灯を製作して取り付けていたので、部材がなくなり購入して補充しました。

             ブリッジダイオード(50個入)は秋月電子から、RP型リン青銅板(0.1×180×100)2枚は代理店経由でタカチ電機から直接通販で購入しました。タカチ電機からは1000円以上は送料無料となるので、送料を払うぐらいならアルミケースを1個購入した方がお徳です。

             室内灯の部材補充
            室内灯の部材補充
             チップコンデンサーはいつも買うところが在庫切れなので、まだ少しあるので後日購入することにしました。

             アルミケースは実家で使用していた簡易ケースを正式にアルミケースに収めようと思います。お正月の余暇を過ごすために。
            0

              SLばんえつ物語(オコジョ)の試運転と競演

               TOMIXのSLばんえつ物語(オコジョ)の試運転(動画)


              次に、KATOの新塗装ばんえつ物語とTOMIXのばんえつ物語(オコジョ)が揃ったので競演することにしました。

               ばんえつ物語の新旧競演(TOMIX&KATO)

               動画編集はデジカメでのみ。SLはC6120とC57180を使用しました。
              0

                TOMIXのSLばんえつ物語 (オコジョ展望車) セットを購入

                 TOMIXのJR SLばんえつ物語 (オコジョ展望車) セット(98933)をヤフオクで中古品を購入しました。しばらく様子見でしたが、KATOからなかなか発売されないので購入を決めました。

                 TOMIXのSLばんえつ物語 (オコジョ展望車) セット




                 すでにC57 180は所有しているのですが、客車のみのキットは入手が難しいので機関車とのセットになってしまいました。この機関車は死蔵になりそうです。前もって分かってはいたのですが、TOMIXの車両はどうして車間が異様に広いのでしょうか、設計感覚がずれており精密感を上げてもリアル感がまったくなく無意味がないものになっており好きになれません。

                 この車間対策を検索して見るといろいろの方々が改造されており、どうするか悩みどころです。以前は真岡鉄道の3両の客車だったので、車間短縮ナックルカプラーに交換して何とか誤魔化しました。また、メーカー推奨の密自連形TNカプラーは車体に固定するタイプのため、台車のカプラー部分を切断する加工が必要で復元できない仕様になっています。KATOのように脱着可能なタイプにすべきではないでしょうか。

                 今回は車両数が多く、他の車両との連結も考慮して車両を無改造で適切なカプラーに交換できないものか思案中ですが、カプラーの互換性の無さはユ−ザーを無視した悩みの種です。いつ解決することやら。。

                 車間の改比較


                 結局、車間短縮ナックルカプラーはちょっと寸足らずで繋がりません。真岡鉄道の客車とまた寸法が違うようです。どうしてこのメーカーの設計は統一性がないのでしょうか。当分の間、KATOカプラーN JP Aに交換しておくことにしました。KATOの車輌とは2mmも開いていることになりました。

                 次に問題なのが、室内灯でTOMIX製の車両の構造が複雑な割りに電気的な接続をあまり考慮していないので自作する上で複雑さが邪魔になり、ちらつきや接触不良の原因になります。そこで、前回の真岡鉄道の客車では電気的接触コイルバネを使用しましたが、接触抵抗が大きいので違う方法を検討しました。

                 室内灯の部品はKATOの車両と全く同じものを用意して、組み込み方法を変更し、車輌の脇の床下と座席の隙間に2mm幅の集電板を差し込んで接続することにしました。TOMIXの車輌は誤差が大きいのですき間があるのでこんなことが出来ます。

                 組み込み方法
                組み込み方法
                 ちらつきや接触不良はKATOの車輌並みになりました。ただ、室内灯の長さがLEDテープの長さで決まってしまうため。隔壁の影響もあり展望車の照明が少し不足してしまいました。

                 室内灯を組み込んだばんえつ物語
                ばんえつ物語
                ばんえつ物語

                 室内灯を組み込んオコジョ展望車
                オコジョ展望車
                オコジョ展望車
                 これでばんえつ物語 (新塗装)とばんえつ物語 (オコジョ展望車) が揃いました。今日は、購入品の点検と改良整備で、室内灯がうまくいったので満足です。後日、2編成の競演する試運転を行ないます。

                 LEDテープ側の接点をL型から平らに変更して、LEDテープの位置をずらして接続して展望側の照明が出来るようになりました。上の写真では分かりずらいのでLEDチップが見えるように撮ってみました。
                オコジョ展望車
                オコジョ展望車
                結果として、展望部分が明るすぎちょうど良い具合です。
                0

                  オハ35茶一般形を3両追加

                   KATOのオハ35茶一般形(5127-1)が再生産されたので、3両追加購入しました。

                   オハ35茶一般形(5127-1)
                  オハ35茶一般形(5127-1)

                   早速、カプラー交換と室内灯の設置を行なう
                  オハ35茶一般形(5127-1)
                   この3両の室内灯でブリッジDiを底をついたので、今度の新規車両を購入するときにはブリッジDiを
                  購入しなければなりません。送料があがっているのでこれだけ購入するのは暫くようすを見てからにします。

                   テスト走行はただ回るだけでは面白くないので、カーブ鉄橋と自作した緩和カーブを設置したレイアウトにしてひょうたん形のレイアウトにしました。
                  にしてひょうたん形のレイアウト

                   新C11とオハ35+α(動画)
                   
                   初めてPCの動画編集ソフトを利用してみました。少し操作できるように練習兼ねていじってみることにしました。編集したデータは、デジカメの動画データ、C11の音声データ、ウェアラブルカメラ HX-A1H-Dの動画データを編集しました。(25Finally Namie Amuroが届いたので聞きながら編集、HEROが大好き)
                  0

                    KATOのD51三重連の石炭列車

                     KATOのD51標準形(長野式集煙装置付)を三重連にして石炭を搭載したセキ3000の石炭列車を牽引してみました。

                     D51三重連の石炭列車(動画)
                     
                    0

                      << | 3/41PAGES | >>

                      カレンダ

                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>