APR9600再生専用モジュールの製作

 ロボットの搭載するのには録音機能は使わないので、APR9600を再生専用で動作させるようにして小型化することにしました。しかし、APR9600の再生音が小さいようなので、出力アンプをを追加しました。さらに、タクトSWの代わりにPICマイコンでコントロールするように変更しました。

(1)出力アンプの検討
386応用回路 手持ちに386Bがあったので、386BのOPアンプを利用して出力アンプを組み込むようにしました。386Bのデータシートから応用回路を参考にして、単電源なので入力と出力をカップリング容量でDC成分をカットします。

 出力端子の0.047μFと10Ωは発振防止で、電源側の容量もノイズ低減と発振防止のために必要で省略しない方がよい。


(2)再生専用回路
再生専用回路(訂正版)
・APR9600の周辺回路で録音時に必要な部品と回路は削除する。

・切替えジャンパーも固定にする。
 再生モード固定で、8音声選択

・出力アンプを追加
 スピーカーは8Ω

・コントロールするPICマイコンを追加
 (マイコンソフトは暫定でまだ未完成)


(3)再生専用基板の部品配置検討
APR960再生専用モジュール
 上記の回路を出来る限り小型なモジュールするために部品配置を検討する。

 いろいろ試してみましたが、APR9600用のソケットの内側にも部品を配置することでなんとか実現しました。



(4)APR9600の録音再生評価基板と今回の再生専用基板の比較
基板の比較
 回路は増えましたが、評価基板の半分以下のサイズで再生専用モジュールが出来上がりました。

右側が録音再生評価基板
左側がアンプ付再生専用基板

 なお、APR9600が安いのでソケット代にプラスして予備にもう1つ購入して、東芝の音声合成によるリアルな音声も録音してみました。


 今後、MR-C3024からコントロールしてうまく音声が出るかの綜合テストをしながら、PICマイコンのソフトを作成していきます。
0

    録音再生APR9600の試作

     RZ-1の音声合成の検討をしていますが、その1つ代案として秋月電子で扱っているAPLUS社(台湾)のAPR9600という録音再生のLSIを使って見ようと試作してみました。音声合成に拘っていないので録音再生の機能で音声出力が実現できればそれでもよいと思います。他にも録音再生のLSIがありますが、APR9600がもっとも低コストでかつ簡便に実現できるようなので、RZ-1の音声機能の第1案としました。

     下記のようにAPR9600データシートが色々あるので参考にしてください。
    (1)APR9600データシート(PDF)
    (2)APR9600データシート(PDF)
    (3)APR9600データシート(PDF)

     (1)が一番詳しいようなのでこれに載っている回路を参考にしました。掲載されている4つの回路を切り替えてすべてのモードが評価できるように、APR9600の評価ボードを製作してテストしてみました。4つのモードで基本的な録音再生の機能は動作することを確認しましたが、再生音が小さく録音時には大きな声で行う必要があり、簡単な出力アンプを追加する必要がありそうです。製作したのは評価用なのですが、それにしても600milの28pinnのLSIは大きすぎて、不要な部品を省いてもサイズ的にRZ-1へ搭載するのは厳しいかもしれない。サイズも今後の検討課題になる。

    ●データシートにあった4つの基本回路
    APR9600回路
    ●ジャンパーピンでモード切替
    モード切替
    ●DIPスイッチで録音時間設定(クロック用抵抗)
    録音時間設定

     製作したAPR9600の評価ボードの回路図
    APR9600評価回路

     製作した基板(タクトSWの4個はまだ未搭載)
    APR9600回路基板 このAPR9600回路基板をどのようにコントロールするかその方法を検討する必要がある。
    0

      「SL人吉が走る」の放映

      今年の夏は暑くて陽射しが強く熱中症の危険度が高いので、遠出のサイクリングは中止しています。そのため、話題もなく1ヶ月が過ぎて、さらに残暑も厳しいこの頃でいつ涼しくなることやら。

       ところで、自転車の話題ではなく深夜のNHKで「SL人吉が走る」という短編が放映されました。
      タイトル画面

      球磨川に架かる明治時代の鉄橋を大正時代に製造された蒸気機関車が昭和生まれの運転手によって渡るコラボの風景です。
      一場面

       今夜も同じ内容のものが放映されるようなので、見逃された方は録画してはいかがでしょうか。
      東京地区のNHK 9/4 3:15〜3:30(15分間)
       この写真は熊本にいた時に撮影したあそBOY号の58654です。この時は自転車で阿蘇までスイッチバックの撮影ポイントに行って撮りました。
      あそBOY号

       ともに車体番号は58654で、同じSLです。一旦、引退したのですが大改修して、再度、人吉号としてデビューして活躍しているそうです。メンテンスさえちゃんとすれば、大正時代に製造されたSLも立派に走りますね。大事にしたいものです。下は、形式8620の図面(クリックすると1280×600)です。
       8620の図面

      0

        東高島駅周辺で珍しい編成列車

         サイクリングの帰りの途中で時間的に早かったので、浜通りから東高島駅(JR貨物専用)を通って神奈川台場のあった方にいってみました。その時、踏切を通過した列車が珍しいので写真に撮ったのが、写真のように東急電鉄の車両をディーゼルカーが牽引していた。

        0

          昭和のSL映像館供崚貽本・北海道編」

           NHKの深夜放送で昭和のSL映像館供崚貽本・北海道辺編」が放送されました。20分程は白黒でしたが、新幹線のない時代に夜行列車で広島まで行くのに山陽本線が電化されておらず、姫路駅からSLで牽引されたことを思い出して懐かしく思い出されました。昔はエアコンなど客車にはなく、SLでの走行の場合、トンネルに入ると窓から煙が入ってくるので急いで締めたことを思い出しました。次回は「九州・四国・西日本編」があるようです。
          放送タイトル
           YouTubeに動画がありましたが、著作権上の問題で削除されたようです。BSのNHKで珠に再放送されているのでチェックしておくといいでしょう。
          0

            横浜市電保存館に行く

             市電車庫跡に行く前に、滝頭にある横浜市電保存館に寄っていくことにしました。以前来た時には入場しなかったので、今日はゆっくり見学することにした。横浜市電保存館は現在の滝頭バス車庫の脇にあります。
            横浜市電保存館
             名前の通り市電の廃止と共に当時の車両が屋内に保存されており、横浜の市電や地下鉄の情報を知ることが出来ます。当時の市電の路線などの情報は懐かしの横浜市電を参照するといいでしょう。
            横浜市電1
             車両は2軸の523号をはじめ、1007、1104、1311、1601、1510などがあります。
            横浜市電2
             保存されている市電には乗れることも運転台にも触れることが出来ます。子供たちが、運転席で画面を見ながら操作できるシュミュレータで楽しそうに遊んでいました。いつの時代も男の子は鉄道が好きですね。
            市電の運転台
             市電のほかに鉄道模型があり、自分で運転することが出来るようになっています。写真はHOゲージです。
            HOゲージのジオラマ
             こちらは珍しいOゲージの鉄道模型のレイアウトです。こちらには、市電の模型もあります。
            Oゲージのジオラマ
             こちらはNゲージのレイアウトで、どのレイアウトにも横浜らしくランドマークがありました。有料(100円)ですが、自分の車両を持込んで操作も出来るらしいです。
            Nゲージのジオラマ
             鉄道マニアから寄贈されたOケージとHOケージの鉄道模型が展示されていました。Oケージは今では珍しいサイズのモデルですが、SLはやはりこの大きさの方が迫力ありますね。私はSLの中でも、技術導入のために輸入したC53の3シリンダーとスポークタイプの動輪という特徴が一番好きです。
            寄贈された鉄道模型
            0

              横浜の史跡の紹介(市電車庫跡)

              新聞記事
               読売新聞の「港の碑楽」に市電車庫跡が掲載されていましたが、題材とはちょっと違和感がありました。しかし、市電車庫跡がどこにあるのか気になり、記事を読んでしまいました。場所は山手トンネルを出た麦田交差点にあります。

                市電車庫跡碑
              市電車庫跡碑

               市電が走っていた昔
              市電が走っていた昔
               市電が走っていた昔は片側のトンネルが市電専用だったように思います。市電保存館にあった写真がそのことを思い出させてくれました。

               今の山手トンネル
              今の山手トンネル
               今の山手トンネルは車道の左側の車線となり、2本のトンネルが上りと下りを分離して其々が一方通行になっています
              0

                横浜の史跡の紹介(鉄道創業の地)

                新聞記事 読売新聞の「港を碑楽」に鉄道創業の地についての記事がありました。日本で最初に鉄道が開通したのは新橋から横浜の間でしたが、現在の汐留から桜木町の間でした。その桜木町駅から高架の右側を関内方面に進むと交差点の突当りの広場に大きな碑が立っていります。(地図


                   
                鉄道創業の地

                 「鉄道創業の地」の碑は大きくて5mもあります。全体を写真を撮るにかなりバックしないと取り込めませんでした。この碑には当時の横浜駅が描かれています。

                 また、碑の脇には説明板があり、次のように記されていました。
                『日本で初の鉄道を作るために明治3年(1673年)に鉄道資材を英国から購入し横浜港で陸揚げされ建設が始まった。
                 この地は2年後の同5年5月7日、横浜、品川間に最初の鉄道が開業した時の初代横浜駅の跡地である。
                 この鉄道発祥の地を象徴して昭和42年10月16日に記念碑が右図(15m後方)の原標の位置に建立されたが、昭和63年12月にこの広場を整備するに当たって、現在の位置に移設された。』
                初代の横浜駅の様子
                この碑に描かれている初代の横浜駅の様子
                0

                  熊本にサイクルトレインが登場

                   以前、単身赴任で熊本にいた頃は、熊本市内から阿蘇に行くのには、俵山峠(急坂を上る)を越えるか57号線(車が多い)で立野から入るか、輪行(本数が少ない)で入るかでした。現在は、俵山峠の下に俵山トンネルができているので、一応、走行している人がいるし、トンネルに出入り口に走行禁止の標識はないようで、自転車の走行は出来るようです。しかし、トンネルは2Kmの長さがあるので、走行するのはかなり怖そうですね。しっかり、バックライトとフロントライトを点灯/点滅させていかなければ、でも早朝なら車が少ないかも。

                   あおそBOY号のSLが老朽化で引退した後、新しくサイクルトレインが登場したという情報です。基本的に、土日運行のあそ1962の旅というかなりモダンな2両編成の列車で、自転車をそのまま持込めるようにちゃんとスペースがとってあります。
                   阿蘇に入る途中には、急勾配で約190mをスイッチバックで登る三段式(Z型)スイッチバックがあり、日本最大ということです。自転車と鉄道の趣味を持つ人にとっては最高の列車ではないでしょうか?

                   終点の宮地駅から外輪山を上るとミルクロードに出れます。さらに、波野駅という九州で最高地点の無人の駅があります。

                  あおそBOY号

                   写真は引退したあそBOY号が力強くスイッチバックの急勾配を上っている姿です。思い出が一杯の阿蘇で、また、いつか行ってみたものです
                  0

                    山北駅の桜のトンネル

                     久しぶりに有給休暇を採ってサイクリングに出かける。いつもの如く、早朝の出発で、山北駅まで輪行していくが、今日は列車の待ち時間が多くかかりました。ホームから乗ってきた電車が桜のトンネルに消えていくのを見送る。

                    山北駅付近の桜
                     駅を出て早速、自転車を組立てて、撮影ポイントにいく。線路の両側に桜並木があり、桜のトンネルとなっています。上りの電車は駅に入るのに徐行するので、電車からよく見えるようです。

                    山北駅周辺地図
                     橋が3つあり、撮影ポイントを選定しますが、中橋からは上り側と下り側の両方の撮影できますので、お勧めかもしれません。今日は平日で早朝のためカメラマンは2〜3人でしたが、列車が来ないので時刻表を見ながら訪れた方がいいでしょう。

                    D52静態保存
                     次の電車が来るまで時間あるので、駅の反対側に展示されているSLを見に行く。展示されたいてのは、動輪の数と遠見からD51だと思っていたら、なんと目面しいD52でした。これは日本SLで最強の貨物専用SLです。

                    御殿場線と桜
                     これがよく見かける山北の桜のトンネルを走る電車ですね。鉄道ファンであれば、次の列車の来るまでまだ待つのでしょうが、名残惜しくも次の目的地に向かいました。
                    0

                      << | 39/40PAGES | >>

                      カレンダ

                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>